よくある質問

初診時について First visit

Q1 初めて受診するのですが、どのようにしたらいいですか?
A1

ホームページの初診専用受付フォームより必要事項を入力のうえ、送信してください。

院長が内容を確認後、メールで返信いたしますので、そちらに記載されている内容に沿ってお電話でご予約をお取りください。

line
Q2 初診専用受付フォームから予約はできますか?
A2

初診専用受付フォームから直接ご予約はお取りいただけません。初診専用受付フォームにて、治療歴の有無や今まで他院でどのような治療をうけていたか、どんなお薬を服用していたかなどをご記入のうえ送信していただきます。それを院長が直接拝見し返信いたしますので、その内容にそってお電話でご予約をお取りいただくことになります。

line
Q3 初診は生理何日目がいいですか?
A3

初診時は特に気にせず、返信メールの内容に沿ってご都合のよい日に予約を取ってご来院ください。

line
Q4 保険証は使えますか?
A4

当院は自己負担のみですので保険診療は行っておりませんが、本人確認のために、毎月保険証のご提示をお願いしております。

line
Q5 初診時に必要な持ち物を教えてください。
A5

・保険証
・写真付身分証明書(免許証、パスポート、住民基本カードなど)
・基礎体温表(グラフ化されたもの)
・あれば紹介状
・あれば他院での感染症検査結果、子宮頚癌や子宮体癌の検査結果
・精液検査をされたことがある場合はその結果などをお持ちください

line
Q6 写真付の身分証明書がありません
A6

本人確認を行う際、保険証の他にもう1点必要です。

写真付身分証明書をお持ちでない場合は、住民票または戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)のご用意をお願いしております。

line
Q7 未婚ですが、治療を受けることはできますか?
A7

ご本人、パートナー共に既婚者でなければ治療はできます。
ただし、お二人それぞれの戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)をご提出いただく必要があります。

line
Q8 現在婚約中で治療開始後に入籍予定ですが、何か必要なものはありますか?
A8

婚約中の方は、初診時にお二人の戸籍謄本をご提出いただく必要があります。

入籍後は、速やかにご報告いただき、婚姻届受理証明書か、あるいは婚姻関係が記載された戸籍謄本にて姓の変更を確認いたします。

line
Q9 治療を始めたいのですが、年齢制限はありますか?
A9

一概に年齢だけでお断りはしていませんが、初診専用受付フォームに入力された内容を拝見し、判断させていただくこともあります。

line
Q10 紹介状は必要ですか?
A10

特に必要はありませんが、あれば来院時に受付にお出しください。

line
Q11 初診時は夫婦で受けたほうがいいですか?
A11

必ずしも初診時にお二人で来院していただく必要はありませんが、ご主人様もなるべく早い段階で感染症の検査を受けにご来院ください。

ご希望があれば、精液検査や精子凍結なども当日行うことができますので、お電話にてご予約をお願いいたします。

なお、初診申し込み時の返信で夫婦での受診を指示された方は、必ずご夫婦でご予約をお取りいただくことになります。

line
Q12 基礎体温表はつけたほうがいいですか?
A12

これからの治療に必要ですので、必ずつけてください。

line
Q13 基礎体温表はスマートフォンで記録したものでもいいですか?
A13

基礎体温がグラフ化されていれば問題ありません。

line
Q14 海外在住です。治療してもらえますか?
A14

決められた日に来院、治療することが可能なら問題ありません。

line
Q15 子どもと一緒に行ってもいいですか?
A15

他の患者さまへの配慮という観点から、お子様連れでの来院はご遠慮いただいております。

line
Q16 初診時の費用はいくら位かかりますか?
A16

奥様でおおよそ3万円前後、ご主人様で1万円ほどとなっております。

検査内容などによっても変動しますので、詳しくは費用についてのページをご覧ください。

line
Q17 初診時の時間はおおよそどの位かかりますか?
A17

初診時は3時間ほどお時間をいただいております。血液検査の結果待ちの時間や、院長と今後の治療方法などをご確認いただいたり、疑問や質問などにお答えする時間を設けております。

line
Q18 治療方針や体外受精の方法について、もっと深く理解したうえで通院するか決めたいのですが…。
A18

当院では1~2ヶ月に1回程度の無料説明会を開催しておりますので、是非ご参加ください。

また、ご質問があればいつでもお受けいたします。お気軽に院長はじめ、培養士、看護師、受付スタッフにお尋ねください。

line

同意書について

Q1 同意書はいつまでに提出すればいいですか?
A1

初診時にお渡しする同意書は、ご自宅にお帰りになった後ご夫婦でよく話し合ったうえ、ご納得いただけましたら署名いただき、次回来院時に受付にご提出ください。

line
Q2 同意書は全部出さないといけませんか?
A2

同意書は全て署名のうえ、ご提出ください。全ての同意書が揃わないと治療に入ることができません。

治療内容に疑問がありましたら、院長までお尋ねください。ご納得いただくまでご説明いたします。

line

料金について

Q1 採卵から移植までにかかる費用はおおよそいくら位ですか?
A1

患者さまごとに治療内容が異なりますので、詳しくは費用についてのページ、ケーススタディを参考にしてください。また、ご不明な点は受付にお尋ねください。

line
Q2 クレジットカードは使えますか?
A2

現金のほか、各種クレジットカード(VISA・AMERICAN EXPRESS・Master・JCB・Diners Club)、デビットカードでのお支払いが可能です。

また、デポジットのご入金については、銀行振込みでもご決済いただけます。

line
Q3 デポジット制とは、何ですか?
A3

当院では診療後から会計までの時間短縮のために、お預かり金という支払い方法(デポジット制)を採用。

診療後の会計では、体外受精にかかる費用をあらかじめ納めていただいております。

その後は、領収書とお預かり金の残額が記載された明細書をお渡ししています。

line
Q4 デポジットは夫婦二人で使えますか?
A4

お預かりしたデポジットは、ご夫婦でお使いいただくことが可能です。

line
Q5 デポジットをせずに、その都度支払いをすることはできますか?
A5

会計業務の円滑化を図るため、基本的に都度払いはお断りしております。

line
Q6 余ったデポジット金は返金してもらえますか?
A6

現金でご返金いたします。なお、クレジットカードでのご入金で、治療の途中で長期のお休み、治療の終了をご希望された場合、残額から手数料の3%を差し引いた金額の返金となりますので、ご了承ください。

line
Q7 今周期の治療でデポジット金が不足した場合はどうなりますか?
A7

デポジット金の残高が不足している場合は、治療内容の確認後、院長または受付からデポジット追加をご案内いたします。ご案内があるまでは、現金またはクレジットカードでの都度払いをお願いします。

line
Q8 領収証と明細書は発行してもらえますか?
また紛失時、再発行してもらえますか?
A8

領収証と明細書は毎回発行いたします。デポジット金がある方にはお預かり金明細書もお渡ししています。

いずれも再発行はいたしかねますので大切に保管してください。

line

再診時について

Q1 再診時に行う検査には、どのようなものがありますか?
A1

ホルモン検査と超音波検査は毎回必ず行います。それ以外の検査は患者さまの状態によって検査日程が組まれます。

line
Q2 検査結果が出るまで、外出してもいいですか?
A2

外出はお控えください。内診の際にお呼び出ししてもご不在ですと、診察の順番が最後になってしまいます。

line
Q3 生理の3日目で再診予約するように言われましたが、どの日が3日目かわかりません。
A3

出血の始まった日ではなく、体温が下がった日を1日目と数えてください。

判断が難しい場合はお電話でお問い合わせいただいても結構です。

line
Q4 再診時の持ち物を教えてください。
A4

診察券と点鼻薬は毎回必ずお持ちください。また、月替わりには保険証もお持ちください。

line
Q5 指定された日に行けなくなってしまいました。どうすればいいですか?
A5

指定された日に受診できない場合は、必ずお電話でその旨をご連絡ください。次回の診察日をご案内させていただきます。診察日を無断で変更したり、キャンセルしたりした場合、その後の治療をお受けすることができない場合もありますのでご注意ください。

line
Q6 薬を紛失してしまいました。どうすればいいでしょうか?
A6

処方しますのでお電話で連絡のうえ、お越しください。

line

助成金について

Q1 特定不妊治療の助成金を申請したいのですが、指定医療機関ですか?
A1

はい。当院は、東京都の特定不妊治療費助成事業指定医療機関に認定されています。

東京都にお住まいの方は冊子のご用意がありますので、受付にお尋ねください。

line
Q2 助成金の申請をするには何が必要ですか?
A2

助成金の申請をされる方は、まず、お住まいの自治体の制度と詳細をご確認ください。

必ず患者さまご自身でお調べしていただきますようご理解とご協力をお願いいたします。

line
Q3 受診証明書を書いてもらいたいのですが…。
A3

院長に直接、対象となる治療ステージの確認をしてください。

その際、各自治体の指定用紙(1回の治療につき1枚)と、助成対象となる治療期間の領収証のコピーをお持ちください。

お申し込みの際は、文書発行料として1通あたり3,000円(税抜)頂戴いたしますので、ご了承ください。

※各自治体によって、証明書、申請書、認定書など様々な書類があります。詳しくは、お住まいの自治体のHPなどでご確認のうえお申し込みください。

line
Q4 申し込みから受け取りまでにかかる日数はどのくらいですか?
A4

1週間程度お日にちがかかります。年度末などはそれ以上かかる場合もございますので、余裕をもってお申し込みください。

line

採卵について

Q1 採卵時の持ち物を教えてください。
A1

診察券、点鼻薬、生理用ナプキンとショーツをお持ちください。

line
Q2 採卵当日の流れを教えてください。
A2

指定されたお時間に来院していただき、術衣に着替えてから手術室にて採卵を行います。採卵の所要時間は、通常数分から10分程度です。

卵子を確認できましたら、ご主人様を採精室へご案内いたします。奥様はリカバリー室にて安静時間を過ごしていただき、問題がなければ採れた卵について培養士から説明いたします。

院長、看護師からそれぞれ説明を受けた後、ご帰宅となります。時間はおおよそ2時間ほどになります。

line
Q3 痛みに弱いのですが、麻酔はしてもらえますか?
A3

当院では無麻酔採卵を行っております。院長の高い採卵技術で痛みは最小限に抑えられます。

line
Q4 採精後、主人は先に帰ってもいいですか?
A4

来院して採精をご希望の患者さまには、通常卵子回収確認後に採精していただきます。検体提出後、特に問題がなければすぐのご帰宅も可能ですが、その際は受付にお声掛けください。

また、お仕事の都合などで卵子回収前に採精をご希望の方は受付または看護師にご相談ください。

line
Q5 採卵当日、主人が来院できません。
A5

精子をあらかじめお渡しした容器に入れて、採卵当日に持ち込む方法があります。また事前に、ご都合のよい時に来院していただき凍結しておく方法もあります。

line
Q6 同じ周期に採卵、移植できますか?
A6

基本的に同一周期に採卵・移植可能なことが多いですが、ホルモン値によっては採卵のみ行うこともあります。

line

移植について

Q1 移植時の持ち物を教えてください。
A1

診察券、点鼻薬、ホルモン補充周期の方は手持ち薬を全て持参してください。

line
Q2 新鮮胚移植当日の流れを教えてください。
A2

指定日の朝、培養室直通電話にて胚の発育状態を確認します。移植可能と言われましたら12時30分に来院してください。

採血検査の結果、ホルモン値に問題がなければ移植決定となります。なお、移植は14時からとなります。

移植後は看護師の説明のあと、すぐにご帰宅となります。時間はおおよそ2時間ほどとなります。

line
Q3 凍結胚移植当日の流れを教えてください。
A3

朝9時に来院していただき、採血検査の結果、ホルモン値に問題がなければ受精卵を融解し胚移植決定とします。決定後は外出が可能です。受付にお声掛けのうえ、指定された時間までに当院までお戻りください。融解した受精卵を慎重に観察した後、問題がなければ14時から胚移植を行います。

line
line

検査について

Q1 海外で行った検査の結果は有効ですか?
A1

検査結果をお持ちください。院長が拝見し、判断させていただいます。

line
Q2 自治体で行ったがん検診の結果は有効ですか?
A2

お名前が印字されているものなら有効です。なお、手書きのものはお受けできません。

line

治療について

Q1 治療中は避妊したほうがいいですか?
A1

異常妊娠や多胎妊娠のリスクがありますので、治療中は避妊をしてください。

line
Q2 卵子の凍結保存はできますか?
A2

融解後の生存率、その後の体外受精率、妊娠率の低さなどの観点から、当院では卵子凍結保存は行っておりません。

line
Q3 他院で凍結保存した精子を使いたいのですが…。
A3

精巣内精子生検採取法などで、他院で精子を凍結保存されている方は、その病院からの持ち出し許可が出ていれば、搬送を受け入れています。容器、液体窒素、配送手数料などをご確認のうえ、受付までお問い合わせください。それ以外の一般凍結精子に関しましては、搬送費用を考慮しますと当院で新規に凍結精子を作製することをお勧めします。

line
Q4 他院で凍結した胚を使いたいのですが…。
A4

他院からの胚の搬送はお断りしています。ご了承ください。

line

その他

Q1 土日祝日や大型連休などのお休みはありますか?
A1

年末年始やお盆なども休まず年中無休で診療しています。なぜなら、患者さまの排卵のリズムには夏休みも冬休みも関係ないからです。

line
Q2 毎回同じ先生に診ていただけますか?
A2

院長が全ての患者さまを診察します。そのほうが治療方針に偏りがなく、採卵・移植の技術に差が出ません。

line
Q3 少しの間、治療をお休みしたいのですが…。
A3

事前に院長とご相談されていれば、治療をお休みすることは可能です。ただし、自己都合で2ヶ月以上連絡なく治療の中断をされた場合は、再診の予約をお受けすることはできません。初診専用受付フォームからの新規受付とさせていただきます。お待ちいただいている他の患者さまの待ち時間をできるだけ短くするための対応ですのでご了承ください。

line
Q4 主人はいつまでに来院すればいいですか?
A4

できるだけ早い段階での来院が望ましいですが、遅くとも奥様の採卵3日前までの受診をお願いいたします。

line
Q5 主人の予約はどのように取ればいいですか?
A5

ご主人さまのご予約につきましてはインターネットでのご予約はお受けしておりません。

恐れ入りますが、ご主人さまのご予約を取る際は必ずお電話、もしくは受付窓口でお申し込みください。

line
Q6 主人の精子凍結を考えています。再診となりますが予約は必要ですか?
A6

培養室での準備が必要となりますので、必ずご予約が必要です。

精液検査や凍結をご希望、ご検討の際は受付にお申し出ください。また、検体提出後1時間ほどお時間を頂戴しますので、お時間に余裕をもってご予約ください。

line
Q7 駐車場はありますか?
A7

当院に専用駐車場はありません。お近くの有料駐車場をご利用ください。

line
0354138067 初診受付フォーム お問い合わせ
NEW 院長ブログ
スタッフブログ
院長ブログ 開院~2017.11まで