卵管検査について看護部コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

看護部コラム Nursing department column Treatment results

2021.06.08

卵管検査について


こんにちは、今回は卵管通過性検査についてです。

卵管通過性検査とは、左右の卵管が狭窄・閉鎖していないかを調べます。
*卵管の機能は・・・卵巣から排卵された卵子を取込み、卵子と精子が出合い・受精し、
          受精した卵は細胞分裂しながら、卵管を通って子宮へと運ばれて行きます。
当院で行う卵管検査は、フェムビューという器具を用いて検査を行います。
フェムビューは、生理食塩水及び空気の混合液を注入し、超音波上で卵管の通りを見ていきます。
造影剤を使用するレントゲン下の卵管造影と比べて被ばくの心配もなく、
また甲状腺疾患のある方でも検査が可能です。
検査自体は10分程度で終わります。

自然妊娠するためには、卵管は重要な役割を持っています。
また、体外受精を行う上でも卵管の状態で移植のプラン(分割胚移植・胚盤胞移植)
が異なってくるので卵管の検査が必要な方がいます。

不妊の原因を調べるためにも、今後のプランを考えるためにもとっても大事な検査の1つとなります。



《看護部》

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る