クリーンルームの清浄度培養部コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

培養部コラム Culturer column Treatment results

2020.03.16

クリーンルームの清浄度


こんにちは培養部です、今回はクリーンルームの清浄度についてです。

患者様の卵を扱うクリーンルームは空気の清浄度を厳しく管理、維持しております。

クリーンルームの清浄度はアメリカ連邦規格が一般的に使われており、1辺が1フィート(約30cm)の立方体中に0.5μm以上の微粒子が何個あるかで表します。

μm(マイクロメートル)は1メートルの100万分の1の長さでミクロンとも呼ばれます。

例えば、1フィートの立方体中に0.5μm以上の微粒子が10,000個以下であればクラス10,000、1,000個以下であればクラス1,000となります。

このクラス1000や10000がどれほどの清浄度であるかを様々な一般環境の清浄度(目安)を見てみましょう。

一般環境            クラス
バイオクリーン手術室    100
雲の上         1,000
海上         10,000
一般手術室      10,000
田園地帯      100,000
大都市街中   5,000,000


当院のクリーンルームの清浄度はクラス100~1,000を専門業者の年2回の定期点検によって維持しております。


今回清浄度の基準に出てきた0.5μmの微粒子ですがいったいどれほどの大きさなのでしょうか?

          大きさ(μm)
シャーペンの芯(0.5mm)  500
髪の毛       70~100
スギ花粉       20~40
ノロウイルス       0.3
インフルエンザウイルス 0.08~0.12
ヒト卵子         120
ヒト精子(全長)       60

0.5μmの微粒子がどれほど小さいかお分かり頂けましたか?
それほどまでにきれいな空気のクリーンルームで患者様の卵をお預かりさせて頂いております。


《培養部》

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る