卵の凍結について培養部コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

培養部コラム Culturer column Treatment results

2019.12.10

卵の凍結について


おはようございます、培養部です。

今回は卵の凍結に使用するクライオトップを紹介したいと思います。
実際自分の卵はどうやって凍結されているんだろう
と気になりますよね。
簡単ではございますがご説明させていただきます。


胚はほとんどが水分でできており凍結の際、
細胞内に氷の結晶ができると、
細胞は破壊されて死んでしまいます。
そ こ で、
細胞を生きたまま凍結するために凍結保護物質の耐凍剤を用います。
耐凍剤を浸透させ、
細胞内の水分を脱水させたら瞬時に液体窒素へ投入します。

この方法により凍結・融解のダメージは1~2%ほどとなっております。


実際に使用しているのがこちらのクライオトップとよばれる器具です。
卵は胚盤胞でおよそ0.2mmですから
使用するものもこのくらいの大きさなんです!

この透明になっている部分の先端の方に卵をのせます。
※1本のクライオトップにのせる卵は1つのみです
 また、複数同時に融解するということもありません。

この後液体窒素へ投入します。

ピペットを使って卵を先端にのせるとき、
先端は柔らかい素材でできているので勢いで弾いてしまうかもしれません。
また、ピペットの先端で胚をキープしてのせなければ、
一緒に出る培養液量が多くなり、
液体窒素に入れたとき瞬時に凍結できなくデメリットに繋がります。

とても細かい作業になりますが、
ダメージ率を少しでもゼロに近づけるために
私たちは日々技術を磨いております。

安心してお任せください❣


《培養部》

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る