卵子と精子の大きさについて培養部コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

培養部コラム Culturer column Treatment results

2018.10.01

卵子と精子の大きさについて


おはようございます!本日は培養部がここの担当です♪
暑い日が段々となりをひそめ、涼しい日が多くなってきました。
私の地元では鈴虫など秋の虫が鳴いています

さて、タイトルにもありますように卵子と精子の大きさについてです!
大きさについては、なんとなくご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ここはあえてランジュの培養部が載せます。

卵子の直径は約120μm前後です1μm=0.001mm
大きすぎたり、小さすぎたりすると異常卵子と判断され、培養中止になります。

卵子の大きさが分かりましたので、次は精子です!
上の卵子と下の写真の卵子は同じですが、大きさが全然違うのが分かるかと思います。

精子の全長が約60μm。
精子の遺伝子情報は頭部のみにあり、その大きさは約5μmです!
卵子の直径が約120μm前後なのでとっても小さい事が分かります。

顕微授精を行う際は、精子一匹を針を使って捕まえて卵子に入れていきます。

精子ふりかけ方法の際は、卵子一つに対し約10万匹の精子が必要になります。

卵子の周りにある卵丘細胞について(2017.9.18の培養部コラムをご覧ください♪)

卵子の大きさと精子の大きさについて、イメージしやすくなってもらえたら嬉しいです(❛ᴗ❛)✧


《培養部》

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る