培養部より:新鮮胚移植と凍結胚移植について培養部コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

培養部コラム Culturer column Treatment results

2017.04.03

培養部より:新鮮胚移植と凍結胚移植について


おはようございます♪ 本日は培養がここの担当です!
今回は、当院の移植について。

当院の移植は新鮮胚移植凍結胚移植があります。
新鮮胚移植は、採卵周期の胚を戻す方法。
凍結胚移植は、以前凍結した胚を戻す方法です。

新鮮胚移植凍結胚移植には、それぞれ分割胚移植胚盤胞移植があります。

そして、凍結胚移植にはホルモン補充による移植(HR)や、
フェマーラ等の薬で排卵をさせてから移植(OV)する方法があります。

移植は1回につき、胚を1つだけ戻します。
2つ以上は戻しません

▲新鮮胚移植では
分割胚は、3日目8分割以上の胚を戻します。
胚盤胞は、5日目直径170μm以上の胚を戻します。
基準に満たない、成長がゆっくりな胚は移植できません。
また、胚が戻せる状態になっていたとしても、
患者様のホルモン値が基準より低ければ移植は出来ません。

▲凍結胚移植では
分割胚や胚盤胞はすでに凍結されているので、
患者様のホルモン値により移植が決まります。
HRはホルモンを管理している為、基本的に移植は決まります

当院の移植プランは、
患者様にあったプランを院長と相談して決めていきますので、よろしくお願い致します☆


《培養部》

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る