体外受精による出生について院長コラム|コラム 詳細|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

Clinique de l'Ange コラム

院長コラム Director's column Treatment results

2017.09.14

体外受精による出生について


9月11日、日本産科婦人科学会から平成27年に日本で行われた体外受精は42万4151周期で、5万1001人が生まれたとの調査報告が出されました。
治療周期数も出生数も過去最多を更新したとの事です。
ちなみに平成27年の総出生数は100万5677人ですので、赤ちゃんの約20人に1人が体外受精によって生まれているという計算になります。
また、体外受精をして出産に成功した女性の割合は約12%となります。
これは1クラスに1~2名の体外受精により出生した子がいることになり、双胎よりも多い事になります。
昔のように”特別な子”という感じではもうありません。
これにより体外受精で生まれた赤ちゃんは、昭和58年(1983)に東北大で初めて誕生してから平成27年までに合計で約48万2600人になったとの事です。

Clinique de l’Ange
院長 末吉 智博

初診受付フォーム お問い合わせ
  • New 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集 briefing session
  • 院長ブログ 開院~2017.11まで
▲このページの上部へ戻る