お知らせ|体外受精、不妊治療はクリニックドゥランジュ。東京都港区表参道駅近くの不妊専門クリニックです。

Clinique de l'Ange クリニックドゥランジュ
03-5413-8067 年中無休 外来受付時間 9:00~15:30
初診受付フォーム
お問い合わせ

お知らせ

2016.07.11

当院初診を考えている患者様へ

初診受付専用フォームを登録する初めにも記載しておりますが、現在他院で投薬治療を受けている患者様の診察はお断りしております。

と申しますのも、薬を処方した場合、その後に起こるすべての事象に対し、投薬した医師にその責任があるからです。
薬は100%安全ではありません。必ず良い作用と悪い作用(副作用)の2面性を持ち合わせています。
例えば、クロミッドなど排卵誘発剤を内服した場合、そのまま自然では排卵できず未破裂黄体になり卵巣が腫れ、この腫れた卵巣が茎捻転を起こす可能性があります。
また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOs)の方に多いのですが、複数個の卵胞が成長して排卵したため双子、三つ子の妊娠をする事もあります。これを総じて多胎妊娠といいますが、多胎妊娠すると早産の確率が高くなります。現在どこの病院のNICUも満床でそうそう早産児をたやすく受け入れてはくれません。自然妊娠ならまだしも不適切な不妊治療による多胎妊娠早産児はNICUを管理している側からすれば迷惑な患者でなかなか受け入れてもらえずたらい回しになることが多いのが現状です。
また、ピルなどのホルモン剤を内服する事により、最悪血栓症を引き起こすリスクがあります。もしそのような合併症が起きたら早急にそれに対する処置が必要となります。
クロミッド飲んであとは適当にタイミング取って妊娠したら好きな病院に行ってくださいでは済まされないのです。
処方された薬が何事も無くその効果が切れるまでは、それを処方した医師にその責任があります。
ですので当院では他院で処方された薬を使用している方の診療をお断りさせていただいておりますし、服用している方(服用を終了した方も含む)はその効果が切れてから(基本的には次の生理が来てから)初診予約を受け付けております。

以上の事をきちんとご理解いただいた上で初診受付専用ホームを記入し送信していただきたく思います。

Clinique de l'Ange
院長 末吉 智博

2015.12.24

開業1年目の成績

スタッフブログに開業してから1年間の当院での体外受精・顕微授精での結果をお載せしました。

開業当初は以前と同じ初回自然周期での採卵を行っていましたが、その後先に卵巣機能の調整を行ってから体外受精を行うように変えて現在は成熟卵獲得率・受精率・妊娠率すべてが上昇しております。
今回のデータは以前の治療方法によるものも含まれているため説明会でお話しているものより成績が低くなっておりますがそれでも全国平均よりは高い値を示しているのがお分かりいただけると思います。

開業1年目でこれだけ多くの体外受精・顕微授精ができるとは思っていませんでしたし、これ程たくさんの卒業生を送り出せるとも思っていませんでした。

今後もできるだけ多くの方に天使をお届けできるようスタッフ一同更なる努力をしていく所存です。

2015.12.24

スタッフブログ始めました

長らくcoming soon のままでしたスタッフブログを始めました。
表参道の季節の移り変わりやプチ情報などスタッフが気付いたことを徒然に書いていきます。
患者様でも何か気付いたことがありましたら帰りがけ受付スタッフに教えていただけるとうれしいです。

第1弾として表参道のイルミネーションの記事を載せました。べたな情報ですがやはりとても綺麗でスタートに載せないわけにはいかないとアップしました。

これからも不定期で更新していきますのでお楽しみに。
<< Prev Next >>
初診受付フォーム お問い合わせ
  • 院長ブログ 最幸の天使を最高の技術で…
  • Clinique de l'Ange スタッフブログ
  • facebook
  • line
スタッフ募集 briefing session
▲このページの上部へ戻る